自己紹介


Shigeru Matsumoto
松本茂は、2008年から青山学院大学へ勤務している。彼は平和中島財団の奨学生としてノースカロライナ州立大学で学び、 そこで経済学のPh.D.を取得している。また、筑波大学から環境科学修士を授与されている。

青山学院大学への奉職前、松本は関西大学に7年間勤務をしていた。

松本の研究領域は応用厚生経済学であり、とりわけ消費者の行動分析を中心とした研究活動を展開しており、近年はリサイクル活動や省エネ活動といった世帯の環境配慮を分析している。

青山学院大学では、環境経済学や農業経済論を教えている。



最初のページに戻る