自己紹介 (self introduction in Japanese)

大学時代からバックパッカーとして世界のあちこちを訪ね歩く。発展途上国で目にした貧困の状況に心を揺さぶられ、貧困問題や経済発展に関心をいだくようになり、大学では法学部に在籍していたが経済学を志す。

大学卒業後、大学3年次からアルバイトとして関わっていた国際開発センターに就職し、政府開発援助業務の一端を垣間見る。

その後、ミシガン大学アナーバー校の経済学博士課程に進学し、本格的に経済学を学ぶ。1996年にミシガン大学より経済学博士(Ph.D. in Economics)を取得し、同時にミシガン大学在学中に産業工学の修士号も取得する。

1996年から1999年まで大東文化大学経済学部で、1999年より現在まで青山学院大学経営学部で教鞭をとる。また、2004年から2005年にはインドのデリーにあるInstitute of Economic Growthで客員研究員を務め、それ以降経済発展のメカニズムに関する実証研究のフィールドとしてインドを取り上げている。

一貫して経済発展のメカニズムの研究に取り組んでいるが、研究が深まるに従い、研究の関心は技術進歩、市場競争、犯罪、腐敗、暴力などに広がってきている。一見すると、別々に見えるこれらの研究テーマは、社会の中における価値移転の異なる様式に関わるものとして、同じ分析枠組みの中でとらえることができる。

ある人から他の人に価値が移転する様式として、社会には略奪や詐取など価値所有者が望まない様式がある。同様に、政府による価値の徴収と不公正な配分も価値所有者が望まない移転である。一方、市場での取引は人々による自発的な価値移転の様式である。経済発展の実現のためには、人々の自発的な取引(交換)が社会における価値移転の主たる様式になることが求められる。こうした観点から、市場での取引を促進する制度が社会の中でどのように発達するのかを長期的な研究課題としている。

主要業績 (Selected Publications

~論文(査読付)~

2015  “Greasing the Wheels? : The Effect of Corruption in Regulated Manufacturing Sectors of India.” with Takahiro SatoCanadian Journal of Development Studies, forthcoming.

2015  “Cross Shareholding and Initiative Effects.” (with Yasuhiro Arikawa)  Asian Economic and Financial Review, forthcoming.

2014  “The Effect of Corruption on the Manufacturing Sector in India.” with Takahiro SatoEconomics of Governance, vol.15, pp.155-178.

2013 “Threats to Property Rights: Effects on Economic Performance of the Manufacturing Sector in India.” with Takahiro SatoJournal of Asian Economics, vol.26, pp.65-81.

2009 Product Market Competition and Productivity in Indian Manufacturing Industry.” Journal of Development Studies, vol.45(10), pp.1579-1593.

2009 “Import Penetration and Price Cost Margins in Indian Manufacturing Industries.” (with Bishwanath Goldar) Indian Economic Journal, vol.56(2), pp.166-192

2008  “Imported Technology and Employment: Evidence from Panel Data on Indian Manufacturing Firms.” (with Arup Mitra) In: S.R. Hashim and N.S. Siddharthan, eds.,  High Tech Industries, Employment and Global Competitiveness. Chapter 9. Routledge.

2005 “Market Structure and the Allocation of R&D.” Economics Letters, vol.87, pp.55-59

2004  “Patent Pool Enhances Market Competition.” International Review of Law and Economics, vol.24, pp.255-268

2002  “Corporate Governance, Relational Banking and R&D: Evidence from Japanese Large Firms in the 1980s and 1990s.” (with Hideaki Miyajima and Yasuhiro Arikawa) International Journal of Technology Management, vol.23, pp.769-787.

青山学院大学 経営学部

School of Business Aoyama Gakuin University

加藤篤史 (Atsushi Kato)

青山学院大学 経営学部 教授

 (Professor, School of Business, Aoyama Gakuin University)

~(Books) ~

/単著

2012 経 済 発 展 論 』中央経済社
「経済発展論」のウェブ補論はこちらからダウンロードしてください。
appendixeconomicdevelopment.pdf へのリンク


2006
 『取引システムの経済分析』 中央経済社

 

/共著

2013 取引制度の意味−どのような役割を担っているか」  石原武政・忽那憲治編商学への招待
    第8章 有斐閣

2013 ビジネス環境と製造業企業のパフォーマンス」(佐藤隆広氏と共著) 上垣彰・田畑伸一郎編 ユーラシア地域大国の持続的経済発展(シリーズ・ユーラシア地域大国論 第1巻) 第4章 ミネルヴァ書房

2009 「規制から競争へ−競争が促すインドの経済成長」 小田尚也編 『インド経済 : 成長の条件 第5章  アジア経済研究所

2008 “Export Intensity of Indian Industrial Firms in the Post-Reform Period.” (with Bishwanath Goldar) In: S.R. Hashim et al., eds., Indian Industrial Development and Globalisation. Chapter 16. Academic Foundation.

学歴(Education

The University of Michigan, Ann Arbor, Ph.D. (Economics) 1996

The University of Michigan, Ann Arbor, M.S. (Industrial and Operations Engineering) 1995

The University of Tokyo, B.A. (Law) 1989

@ Holi Festival in India

大学住所:〒150‐8366 東京都渋谷区渋谷4425

Office Address: 4-4-25 Shibuya, Shibuya-ku, Tokyo 150-8366, Japan

(Awards)

2014 佐藤栄作賞最優秀賞 「自助努力の足りない国に対する援助の可能性」
佐藤栄作記念国連大学協賛財団


2013 国際開発学会賞特別賞 経済発展論 (中央経済社 2012年) 国際開発学会

2013 青山学院学術褒賞 経済発展論』 (中央経済社 2012年) 青山学院

Email: kato (at) busi.aoyama.ac.jp

研究領域 (Areas of Research/Interest)

Political Economy of Development, Development Economics, Indian Economy, Industrial Organization

職歴(Employment

1989-1990   International Development Center of Japan

1996-1999   Assistant Professor, Department of Economics, Daito Bunka University

1999-2010   Associate Professor, School of Business, Aoyama Gakuin University

2010-present   Professor, School of Business, Aoyama Gakuin University