ソフトウェア インストール時間目安表

閉室時間までに作業が完了するように、時間に余裕を持って来室してください(来室時間によっては作業ができない場合もあります)。
所要時間は新規インストールの場合の目安であり、上書きインストールの場合はさらに時間がかかります。 また、パソコンの性能・メモリ・ハードディスクドライブの空き容量などによっても異なりますのであくまで目安として参照してください。

ソフトウェアのインストール所要時間

下記の表は各OSにおいて最新のSP(Service Pack / 不具合の修正やセキュリティ強化の更新プログラム)があたっていることを前提としています。SPがあたっていない、またはSPのバージョンが古い場合、システム要件を満たさずインストールできないソフトウェアもあります。また、 来室時にSPをあてる場合、下記のインストール時間とは別に90分程度の作業時間がかかります (作業時間はOSの状況によって変わります)。事前にパソコンのSPのバージョンを確認の上、最新のSPをあてた上で来室することをお勧めします。

OSがWindowsの場合 8・7 Vista XP 所要時間(目安)
Office
( Word / Excel / PowerPoint / Access / Outlook /
  Publisher / InfoPath / Groove / OneNote )
~Office2013 ~Office2010(*1) ~Office2010(*2) 1時間程度
(バージョンアップの場合:プラス15分~30分)
Visual Studio (*3) O O O 2時間程度
Expression Web O O O 40分程度
FrontPage O O O 30分程度

(*1) Office2010をインストールするにはSP1以上である必要があります。

(*2) Office2010をインストールするにはSP3以上である必要があります 。

      Office2007をインストールするにはSP2以上である必要があります。

(*3) Visualstudioは2005以降のものがWindows7にインストール可能です。

     WindowsVistaには上記バージョンに加えVisualBasic6.0のインストールが可能です。

        Visual Studio のインストールについてはマイクロソフト社の 対応OS一覧 も参照してください。

OSがMacの場合 10.7.x 10.6.x 10.5.x 所要時間(目安)
Office 2011for Mac ( Word / Excel / PowerPoint / Entourage ) O O O(*1) 30分程度
(バージョンアップの場合:プラス20分程度)
Office 2008 for Mac ( Word / Excel / PowerPoint / Entourage ) O O(*2) O 30分程度
(バージョンアップの場合:プラス20分程度)
Office 2004 for Mac ( Word / Excel / PowerPoint / Entourage ) O O 30分程度
(バージョンアップの場合:プラス20分程度)

(*1) OS10.5.8以上である必要があります。

(*2) インストール時にRosettaが要求されます。

Windows OS のアップグレード所要時間

【注意】マイクロソフト社のライセンス規定により、WindowsOSはアップグレードライセンスとしての提供のみとなります。インストールが可能かどうか分からない場合は事前にお問い合わせください。

OS(Windows) パソコンに必要な性能 所要時間(目安)
CPU メモリ(推奨)
Windows 8 Enterprise

Windows 7 Enterprise

1GHz 32bit:1GB(2GB)

/ 64bit:2GB(4GB)(*1)

2時間程度       

Windows Vista Enterprise 1GHz 512MB(1GB) 2時間程度
Windows XP Professional 300MHz 256MB(512MB) 2時間程度

(*1) 4GB以上のメモリを有効に利用するには64bit版をインストールする必要があります。

注意点